今日はこのバッグと一緒に
どこへ出かけようか…。

06I-MBS

バッグのスタイルとサイズとの間には暗黙の了解がある。例えばブリーフケースには
A4ファイルが入らなければならない…とか、ショルダーバッグならペットボトルを収納できる容量は必要…とか。
でも極端な話、いまの時代スマホひとつでどこにでも行ける。
ならば、バッグの常識からすれば何も入らないバッグが、ひとつくらいあってもいいんじゃないか?
そんな発想から生まれたのが06I-MBS。これはもはや、もうひとつのポケットだ。

レザーモバイルケース

例えば、行き先を決めない休日の散策に

06I-MBSを手に入れて以来、このバッグと
一緒に「さてどこへ行こうか」と考える。
必要最低限の持ち物はちゃんと収納できるのに
体感としては完全に手ぶら。だから
出掛けるのにストレスを感じない。
例えばカメラを片手に、行き先を決めず
気の向くままに散策を楽しむ。
大きな荷物を持たずに出掛けるのって
こんなにも自由だったのかと改めて気がつく。

レザーモバイルバッグ

例えば、身も心も開放したい週末の旅行に

慌ただしい日常からほんのひととき
心を解放するためにやって来た週末の旅行。
スーツケースを部屋に置いた後は、
06I-MBSだけを連れて身軽に出掛ける。
知らない土地を何も手に持たずのんびりと
歩いていると、体の中に新たなエネルギーが
チャージされていくのを感じる。

カジュアルバッグレザー

例えば、お気に入りのカフェに行くときも

近所にあるお気に入りのカフェに、
ちょっとお茶を飲みに行く。
大げさな荷物はもちろん必要ないけれど、
持ち物はポケットに入りきるよりも
少しだけ多い。そんなとき、06I-MBSがもうひとつのポケットになってくれる。

メンズバッグレザー

ありそうでなかった、もうひとつのポケット

手ぶらで出掛けるといっても、持ち物をゼロにできるわけじゃない。
財布にスマートフォン、鍵、さらにちょっとした小物が少々…。
ジャケットのポケットはなるべく膨らましたくはない。そこで06I-MBSが役に立つ。
このサイズ感、そういえばいままでなかった。

トップへ