ニッポンの美しきモノ作りとエルゴポックの哲学“本質を極める”という共通言語を有して

コラム vol.06
日系ホテルの心地よさ

さて、おなじみとなってきている本コーナーでは、日本の美しいもの、本質を追求するさまざまな事柄、豊かな生活をテーマに連載できたらと思っています。月一でみなさまに豊かな生活への小さなヒントをお届けできればと思います。

秋が深まってくるこのシーズン、松茸やトリュフなど“食欲の秋”という言葉にふさわしい高級食材が目白押しのシーズンです。お月見もしかり、パワフルに過ごした夏の後は、しっぽりのんびりしたいのが秋の気分です。今回は、都内にある日系ホテルでの秋の過ごし方をご紹介します。世界各国に展開する外資のラグジュアリーホテルもいいのですが、日系ホテルのおもてなしにはどこかホッとしたものがあります。日本の良さを再認識するためにも、足を運びたいものです。

日系ホテルの魅力とは?

日系ホテルの魅力はやはり、日本発ということで、日本人が納得するクオリティの高いサービスが受けられることにあります。また、外資の大型ホテルチェーン傘下ではないということもあり、そのホテルならではのオリジナリティが際立っています。今回ご紹介するパレスホテル東京はお濠の景色を望む最高立地で、海外のお客様からも日本にいることを実感できると高い評価を得ています。ザ・キャピトルホテル東急は東京のパワースポットでもある日枝神社に隣接しています。ホテルニューオータニも、ホテル内に大きな日本庭園があり、外資系のホテルとは違った魅力がそこにはあります。

この時期、手土産はこれに決まり!

ホテルニューオータニにある「パティスリーSATSUKI」では、季節ごとの最高級のフルーツを使った“スーパーシリーズ”が人気です。秋限定、和栗のスーパーモンブラン(2100円)は売り切れ必至です。兵庫県産の「銀寄種」をはじめとした国産和栗のマロンペーストを使用。水ようかんくず、黒蜜あんこ、アーモンドミルクシャンティ、アクセントとなる藻塩など、何層にも重ねられたスイーツのハーモニーが楽しめます。手土産としてオススメです。

ホテルニューオータニ パティスリーSATSUKI
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p_satsuki/index.html

秋限定の高級食材を堪能

ザ・キャピトルホテル東急の中国料理「星ヶ岡」では、静岡の豊かな恵みを多彩に取り入れた食材フェアを開催。この季節ならではの高級食材が味わえるのもホテルの醍醐味です。ザ・キャピトル東急と言えば「星ヶ岡」ですし、レストランの窓から見える緑豊かな景色に癒されますよ。

ザ・キャピトルホテル東急 中華料理「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/index.html

秋の夜長を満喫する宿泊プラン

ホテルのバーやレストランを日常から使いこなせるのがツウなホテルの楽しみ方ですが、やっぱり最後は宿泊プランを利用してのんびりしたいところです。パレスホテル東京の秋限定の宿泊プラン「観月~Moon Over Tokyo~」(1日限定3部屋)は、パレスホテル東京でしか味わうことのできない東京の夜景に加え、ホテルオリジナルの大吟醸「壱ノ壱ノ壱」に酔いしれる大人のプランです。東京の夜景に日本酒、さらには「能作」ブランドの酒器(片口とぐい呑)まで付いてくるという日本を感じられるプランです。部屋のタイプはデラックス キング・ツイン(2名一室・13万~)、千代田スイート(2名一室・23万7000円~)。秋の夜長はホテルステイを堪能してみたいところです。

パレスホテル東京
http://www.palacehoteltokyo.com/seasonal/si_2017autumn.php

トップへ